車検 タイヤ

タイヤの交換時期と交換費用は?

 

『タイヤは使い込んでいくと溝がなくなっていって交換しなくてはいけない』
というのは、当たり前ですよね?

 

タイヤのすり減り具合は車の安全に直結し、車検のチェック項目の一つになっている程重要なことです。

 

「私は、ゴルフに行くぐらいしか車に乗らないから、タイヤの溝はまだまだ大丈夫!」と
勝手に思い込んでいませんか?

 

実はタイヤは使ってなくても、年月が経つにつれ自然に劣化していくんです。

 

交換しないといけないタイヤとは?」また、「もしタイヤを買うとなったらいくらするのか?」の2点を、
しっかり把握しておきましょう。

 

 

 

車検に通るにはタイヤの残り溝は何mm以上あればいいか?

 

結論から言うとタイヤの残り溝は、約1.6mm以上あれば車検を通すことが出来ます。
でも、どうやって確認したらいいのか。素人には、分かりにくいですよね?

 

実は、約1.6mmというのを目視で簡単に確認する方法があるんです。

 

タイヤの寿命を示す『スリップサイン』とは?

 

タイヤには、残りの溝が安全なのかを見た目で判断ができる、スリップサインというものがあります。

 

スリップサインは、タイヤの溝と同じ高さになっていないかを確認します。

 

『スリップサイン』の見分け方について、分かりやすい動画がありますので、確認してみて下さい。

 

 

 

 

このスリップサインは、タイヤの溝と溝の間に1段高くなっている部分のことです。
タイヤ1周の中で、6ヵ所設けられていて、その場所は側面の三角のマークで確認できます。

 

盛り上がりは約1.6mmとなっています。このスリップサインとタイヤの溝が、1ヵ所でも同じ高さになると法律違反となります。

 

どんなタイヤが交換対象なのか?

 

スリップサインの出ていないタイヤでも、交換しないと危険なタイヤはあります。

 

私もタイヤをギリギリまで使っていたのですが、たまたま訪れたガソリンスタンドでスタッフに声をかけられ、タイヤを見てもらったら
「ピンチカットしているので、早急にタイヤを変えないといつパンクしてもおかしくありません!」
と言われ急いで買ったことがあります。

 

『ピンチカット』とは?

 

タイヤの横が盛り上がったように見えるのが特徴。タイヤ内部のコードが切れていて非常に危険な状態。
バースト(破裂)する危険があるので、早急にタイヤの交換が必要!

 

ピンチカット以外では、タイヤが劣化すると、側面にしわのように見えるひび割れが出てきて、
酷くなると、やはりバーストする危険があります。

 

私のように焦ってしまい検討も出来ずに買い換える羽目にならない為にも、
しっかり確認して早めの交換を心がけましょう。

 

 

クラウンのタイヤ、新しいのに交換する費用はいくら?

 

「タイヤ変えなくちゃ!」となった場合、いくらかかるのかは、気になる所ですよね?
クラウンのタイヤの場合、ディーラーで購入すると、純正品のため高価で、
4本全部だと15万円ほどする事も珍しくありません。

 

それに比べ、ガソリンスタンドやカーショップ等はタイヤのメーカーによりますが
4本で6万円〜10万円ほどが相場です。

 

このように、タイヤもどこで交換するかによって、かなり価格が変わってきます

 

どういったタイヤが良いのか?価格重視か性能重視か。
ある程度自分で決めておいてから選んだほうが、
思わぬ出費をしないためには必要です。

 

 

タイヤを安く買うために

 

タイヤを少しでも安く購入するためには、『11月、12月』のスタッドレスシーズンや
、『3月、4月』の通常タイヤへの履き替えシーズンが狙い目
です。

 

販売店にもノルマがありますのでタイヤを買ってもらいたいんです。

 

こういうタイミングを狙ってタイヤの購入するのが懸命です。
特にタイヤの交換工賃などは、値下げ交渉に応じてもらいやすい費用です。

 

また、タイヤの価格はお店によってビックリする程違います。
もちろん、扱っているタイヤの種類にもよりますが、同じタイヤでも価格が違う事があるんです。
タイヤだけに限ったことではありませんが、色んなお店をまわって見積もりを出してもらい比較する事も大切です。

 

 

オークションで買ったタイヤはどうすれば付けられる?

 

最近ではタイヤ単体が、オークションで非常に安い値段で売られています。

 

オークションでタイヤを購入した場合、ディーラーやカーショップ、整備工場等に持ち込んで、
工賃を払えば取り付けてもらうことができます。

 

ただ持ち込みである以上、そこでタイヤも購入した場合と比べると工賃の単価は高くなりますので、
「工賃で高くついて、思ったよりもお金がかかってしまった・・・」なんて事もありえます。

 

オークションで買う場合はどこで取り付けてもらうのか、工賃はいくらかを
あらかじめ調べてから購入した方がいいでしょう。

 

 

〜まとめ〜

 

一般的に、タイヤの寿命は3年〜4年と言われています。
しかし、これはあくまで目安です。人それぞれ走行距離や走った路面状況は変わってくるので、
タイヤの寿命がいつくるのかハッキリとは言えません。

 

車検を機会に愛車のタイヤは大丈夫なのか?しっかり確認しておきましょう。

 

もし、タイヤの交換が必要になった場合、クラウンのタイヤサイズだと、安いものではありません。

 

オークションやお店を回ったりして色んなタイヤを見て比較し、ゆとりを持ってタイヤを購入したいものですね。