車検 切れ 罰金

車検が切れの罰金や車検が切れてた場合の対処方法?

 

車検は「公道を走っても良いですよ」という許可証です。

 

車検の残り期間がない車に乗ってはいなけないという事は知っていても、
次の車検まで2年〜3年もあるので「すっかり忘れていて切れてしまった・・・」
なんて事も人間ですから、あるかもしれません。

 

そういった場合は、法律違反になるので、決してその車に乗ってはいけません!

 

もし、車検が切れてしまっていた場合どうしたらいいのか?
そして絶対に避けたい事ですが、もし車検が切れた車に乗ってしまった場合には、どうなるのか?

 

そういった疑問に対する答えをまとめてみました。

 

 

車検が切れた車にうっかり乗ってしまうと罰金はいくら?

 

車検が切れた車に乗っていた場合、『無車検車運行』により次の罰則があります。

 

・違反点数6点
・罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金

 

※検問などで発覚した場合でも同じ罰則です。
※車検が切れていることに気づいていなかったとしても罰則対象となります。

 

ドライバーにとって、車検の確認は義務です。
なので「気付いてなかったからわざとじゃないんだ」って訴えても無駄です。
しっかりと確認しておきましょう!

 

車検切れの車に乗って事故をしたらどうなる?

 

免許は反則が6点になると免停になってしまうので、免停になることは間違いありません。
さらに、自賠責保険が切れたクルマを公道を運転すれば違反点数6点が加算されます。

 

つまり、車検切れのクルマを運転した時点で合計で12点なので、免停が確実になります。

 

※「自賠責保険とは?」

 

→車検を通す時にその車検の期間分だけ必ず加入する保険。
(強制的に入らなくちゃいけない保険なので『強制保険』なんて呼ばれる事もあります)
なので車検が切れている時点で自賠責保険も切れていることになります。

 

さらに、人身事故の場合は、相手の怪我によってさらに点数が増えます。

 

6点〜20点まで様々ですが、仮に6点だったとしても
『車検切れ』『自賠責保険切れ』『人身事故』この3つが重なった時点で18点となり、
免許取り消しラインの15点を超えるので、車検切れのクルマで運転して人身事故を起こした時点で
免許の取り消しは確定
してしまいます。

 

考えただけでゾッとしてしまいますよね・・・

 

「ちょっとそこに行くだけだから」と油断は禁物!
そういった時に限って事故を起こしてしまうものです。

 

 

自動車保険(任意保険)の補償は受けられるのか?

 

車検を通していない車は、どこの保険会社でも契約をしてくれません。
ただ保険期間中に車検が切れてしまった場合、基本的に車検切れの車での事故でも
補償対象になります!

 

ただし、全てを補償してくれる訳ではありませんので注意が必要です。
『補償してくれるもの』
事故の相手に対しての補償

 

※これは、被害者保護の観点からです。
ただし、重過失の場合はその金額をあとから保険会社から請求されることがあります

 

『補償してくれないもの』

 

→無車検の車を運転していた本人の怪我と車の破損に対する補償
→自賠責保険の金額

 

補償があるとはいえ、全てではないので車検切れの車で事故をした場合は、
かなり支払いを抱えることになってしまいます。

 

車検を受けなおすにはどうしたらいい?

 

「確認してみたら、車検切れてた!どうしよう・・・」
という方は、『仮ナンバーを取得して車検を受けに行く』か『車検を受ける店に相談』しましょう!

 

※仮ナンバーとは?

→車検が切れている車につけるもので、市役所で手続きしてくれます。1000円以下で発行してくれまよ。

 

しかしオススメとしては、車検を受けるお店に相談する事です。
お店によっては車を取りに来てくれる事があるんです。
わざわざ仮ナンバーを取得して持っていく手間が省けて断然楽です!

 

 

〜まとめ〜

 

車検が切れた車に乗って事故を起こした場合、大変な状況に陥ることになります。
一瞬の油断が人生を狂わせてしまう事だってあるんです。怖いですよね。

 

脅してるわけではありませんが、『車検の切れた車で公道を走らない』これはしっかりと守りましょう。
また、車検が切れてしまっていても保有する事は違反ではありません。
公道を走らなければ大丈夫なんです。

 

なので、慌てず車検を受けるか、乗らない場合は車を売却するかゆっくり考えてみてください。