クラウン 車検

クラウンの車検準備はお早めに!

待っていないものほど早くやってきますね。
今年、車検なんて人も多いのではないでしょうか?

 

車の維持費は避けて通れないものとは言え、けっこうな金額が必要になりますので、事前に準備しておかないと、土壇場で痛い出費となってしまいます。

 

中でも、クラウンは高級乗用車ですので車検も高額となります。
出費を抑える為にも、クラウンの車検代の相場を知った上で、少しでも費用を安くする方法をご紹介していきます。

 

 

全体的なクラウンの車検費用の相場はいくらなのか?

 

クラウンの車検費用は、全体的な車検相場からすると、車格的に高くつきやすいです。
いわゆる高級車に属す車だからですね。

 

車検をどこで受けるかによって費用が大きく変わる為、かなり振り幅がありますが、全体的な相場は『13万程』となります。

 

※点検・整備費用の相場(目安)

 

ディーラー 40,000円〜100,000
フランチャイズ店 25,000円〜80,000
民間整備工場 25,000円〜80,000
カー用品店 20,000円〜60,000
ガソリンスタンド 20,000円〜60,000
ユーザー車検 0
車検代行 10,000円〜30,000

 

(この表の平均が約5万円程度なので、他に必要な法定費用7万円を足して、車検費用13万円となります。)

 

 

なぜ車検を受ける場所によって価格にバラつきがあるのか?

 

そもそも車検費用『法定費用+車検基本料金』から成り立っています。

 

法定費用→「公道を走る為に国に支払うお金」
車検基本料金→「車のメンテナンスのお金」

 

つまり、法定費用はどこで受けても同額ですが、業者の儲け分である基本料金に
いくらかかるのかで車検費用が変わってきます

部品代金は同じであっても、業者によって基本料の基準が違うからです。

 

クラウンの車検はどこで受けたらいいのか?

 

車検は色んな所で受けられますが、『何を重視するか』によって選ぶと良いです。

 

「多少高くてもいいから質のいい点検を受けたい」→ディーラー車検
「価格を抑えつつ、良い点検を受けたい」→車検専門店・カーショップ車検・スタンド車検・民間設備工場
「出来る限り安く点検をしたい」→車検代行・ユーザー車検

 

メリット・デメリットありますので、よく検討し、ご自分の納得のいく場所で車検を受けることが大切です。

 

例えば、ディーラー車検の一番のメリットは、検査を行う整備士が、
検査を受ける自動車の販売店所属であり、
対象の自動車に対しての知識が豊富ということが挙げられます。
車検専門店の整備士は、様々なメーカーの自動車を取り扱うため、一般的に言って、どうしても一台一台の自動車に対する知識は少なくなってしまいます。

 

ただ、実際に、その知識の差が車検の質にどれだけ影響するかは微妙なところです。
特に、新車で購入してから、1回目や2回目の車検の場合は、走行距離が極端に多い場合を除いては、劣化している部分が少ないと思われるからです。
逆に、車検専門店のメリットは、一般的に、整備の技術料や車検を受けるの当たっての手数料をディーラーよりも安く設定しているため、ある程度、安心できる品質と価格のバランスがいいということがあります。

 

車検の法定費用(税金)はいくらなのか?

 

クラウンの場合、法定費用はおよそ6万〜7万になります。

 

重量税 32,800
自賠責保険 27,840
印紙代 ※1 1,100
合計 61,740

 

※1.指定工場(民間車検場)での料金です。認証工場の場合は印紙代が100〜600円上乗せされます。
※平成24年5月1日から自動車重量税の税額が変更されました。

 

『法定費用』とは、自賠責保険料、重量税、印紙代(継続検査手数料)の事で、国に支払う費用となります。
なので、どこで車検を受けても必ず同額かかります。また、法定費用の事を『諸費用』と呼ぶ場合もあります。

 

 

ディーラーならいくらかかるのか?

 

クラウンともなるとそれなりに信頼性のあるディーラー車検を望む方が多いのではないでしょうか?
気になるディーラー車検の費用ですが、「最低で15万前後」というのが相場といって良いでしょう。

 

ただし、これは大した修理が必要ない場合です。クラウンは使用している部品も高い為、少しメンテナンスが入れば20万近くになってもおかしくはありません。

 

もしディーラーで車検の見積もりを取ってみて、想像以上に高かった場合は、買い替えを検討するのも一つの選択肢になります。最近は、ネットを使えば無料でおおよその査定金額がわかりますから、出た査定金額に車検の見積もり費用を加えた額で買い替えを検討したり、頭金にしてローンで買い替えるということもできます。

 

愛車の無料査定は、有名なところではこちらがあります。 
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

まとめ

 

バブルの最盛期には、3年毎に車は買い換えるのが一番賢いなんてよく言われました。
車の下取り相場は、年数が経つと加速度的に下落していくからです。
モデルチェンジの度に新車に乗り換えていくには、確かに間違ってはいないかもしれません。

 

ただ、最近の景気動向から考えると、相当、お金に余裕のある人にしか当てはまらない考え方ですね。当然、新車を購入する費用は必要ですし、新車の価格は当時よりもずいぶん高くなっていますから。

 

今の時代、良い車検を安く受けて、長期間、乗り続ける事が賢いやり方となっているといえるでしょう。

 

 

オススメは同業・同系他社の相見積りを複数店で出してもらい、値下げ交渉を行うことです。
車検はどこの会社にとっても儲かる仕事ですので、交渉には応じてもらえるはず。数千円〜数万円安くなります。

 

しっかり価格を抑えて車検をしてもらいましょう!